TRAVEL

はじめてのミャンマー12日間:食事と値段のすべての記録

初めてミャンマーに行ってきました!東南アジアだから物価は安いだろうと思いつつ、どんな食事なのか渡航前はどきどきしていました。
行ってみると、食事はショッピングモールのフードコートなどでは1食2000〜3000チャット(アバウトに200〜300円程度)、レストランでは5000〜8000チャット(約500〜800円)で安い!そして東南アジア独特のスパイスの香りはありますが、美味しい!ちょっとチリの辛めのものも多いですが、辛くない食べ物もあります!

今回は10日間で食べた食事の記録をしていこうと思います。スタディーツアーということで訪問先でごちそうになったものも多いので、それについては値段はありませんが参考になればと思います!

1日目

夕食:シャン州のご飯・魚のフライ・スープ@スーレイスクエア

エスカレータを上がるとすぐのレストランです

初日は成田からヤンゴンまでANAの直行便を利用し、午後に着きました。そのためホテルに戻って周辺で食事をするだけしか予定はありませんでした。
8時間のフライトでそれなりに疲れていたので、ホテルから近い小規模ショッピングモールのスーレイスクエアに行くことにしました。ここは比較的小さいモールなので食事処も限られています。地下のフードコートかカフェか、2階のミャンマー料理のレストランかという感じです。

普通のメニューに加えて、セットメニューを見せてと言ったらランチメニューを持ってきてくれました笑大体5500〜7500チャットくらいですね。

シャン州のライスセット(税込み6325チャット)

食べたかったBセットは売り切れなようで、Aセット(5500チャット)を頼みました。結構なボリュームが有りましたが、ご飯自体は美味しかったです。ナンプラーのような、魚の香りのするオイルか調味料が使われているようでした。

セットの紅茶はミャンマー特有の甘い紅茶です。おいしい!!
ミャンマーでの初めてのご飯は伝統的なご飯を美味しくいただきました。

2日目

朝食:ミャンマー料理(モヒンガなど)@Clover City Center Plusホテル

ホテルのバイキング朝食

ホテルにバイキングの朝食がついていたのでそちらでいただきました。
フライドライスと太麺の焼きそばみたいなものと春巻き、カリフラワーの野菜炒め、豚肉の炒めもの、モヒンガ(ミャンマーのライスヌードルのスープ:魚のオイル・七味のような香辛料・パクチー・レモンの汁のトッピングあり)

バイキングカウンターの一部

ホテルロビーは広くはありませんが、常に6種類くらいのおかずもあるバイキングで、パンやコーヒーもありました。

昼食:バーミセリヌードル@YKKO HAGL

バーミセリヌードル(税込み2835チャット)

ミャンマーモールの中のYKKOというレストランで昼食を取りました。このYKKOというレストランは地元のガイドさんもおすすめというミャンマー料理のお店です。

バーミセリが何かわからず麺の種類を頼みました。おすすめだというので頼んでみたのですが、そうめんのような麺でした。スープをかけなくてもそれ自体に塩っぽい味がついているので美味しかったです。

こちらのメニューには値段が書いてありませんが、2700チャットに5%の税で、税込み2835円でした。

夕食:ゴールデンダック(中華料理)

ゴールデンダックという中華料理のお店でディナーを頂きました。
とっても美味しいお料理だったのですが、招待されて頂いた夕食だったので写真はありません。。フレッシュフルーツのジュースが美味しかったです。

レストランから見られるパゴダの風景

3日目

朝食:ミャンマー料理バイキング@ホテル

今日も同じホテルで朝食です。少し内容が変わるのが嬉しいですね。
ミャンマーのビスケットもスナックとしてもらいました。

軽食:ペンギンパン

かわいい♡

ペンギンのパッケージのパンを訪問先でお土産でもらいました。ココナッツの甘い菓子パンでした。

軽食:ミャンマーのパウンドケーキ

こちらも訪問先で頂いたお菓子です。ミャンマーのパウンドケーキで少し甘じょっぱいもちもちのケーキでした。紫のものはドライフルーツの塩漬けを固めたようなもので、こちらも伝統的なお菓子だそうです。

昼食:ご飯・チリ風味のフライドフィッシュ

ご飯を準備していただきました

結構チリが効いているのでお魚はかなり辛かったです。
スープかと思った汁はご飯にかけて食べるとのことで、こちらもナンプラーのようなお魚の独特の風味のするスープでした。

夕食:ハニーダンプリング@IMPERIAL GARDEN

ハニーローストポークまん(税込み2350チャット)

JUNCTION CITYというショッピングモール内のフードコートで夜ご飯でした。あまりお腹が空いていなかったので、中華まんを食べることに。コンビニなどで売っている中華まんよりは二回りほど小さな中華まん3つが2350チャットでした。

フードコートでは、それぞれのお店に現金で支払うのではなく、専用のカードにチャージしてそれを使うという形でした。1000チャットのデポジットは、カード返却の際に戻ってきます使わなかった金額も戻ってくるので、その点は安心して使えると思います。(50チャット以下の端数は戻りません)

このカードにチャージしてもらいます

夜食:チーズケーキプリン@MONSTER CHEESE

チーズケーキプリン(1800チャット)

JUNCTION CITYのモール内にあったチーズケーキ屋さんでお菓子を買いました。私が買ったのは、上がチーズケーキになっているプリンです。

かわいいしおいしかったです!

4日目

朝食:バイキング朝食@ホテル

ホテルの朝食もおなじみになってきました。春巻きの中身もお芋だったり春雨だったりコーンだったりします。手前のお菓子は日本のちんすこうのようなクッキーでした。

昼食:カレーやアボカドスムージー@House of Memories

こちらのHouse of Memoriesはアウンサン将軍の執務室がある建物がレストランになっている歴史的にも有名な場所です。観光客の方がたくさんいました。

アウンサン将軍の執務室

ご飯もショッピングモールに比べるといいお値段ですが、お料理はとても美味しかったです。

アボカドスムージー(税込み4025チャット)

アボカドはミャンマーではかなり有名らしく、スムージーも各地で見ました。味も甘くなく、アボカドそのままを食べているかのような濃厚さでした。

左 ナスのサラダ(税込み4600チャット)
中 魚のカレー(税込み9200チャット)
右 クレソンにんにく炒め(税込み4025チャット)
左 ビーフカレー(税込み10350チャット)
右 エビのカレー(税込み18400チャット)
エビのカレーは6人分で通常の2倍(値段も36800チャット)

私達は6人でシェアして食べました。カレーはガイドさんもおすすめなだけあり、何しろ美味しかったです。私は特にエビのカレーが好きでした。辛味はありますが、美味しくいただける程度のカレーらしい辛味でした。

ご飯(税込み1150チャット)
スープ(税込み1725チャット)

ごはんは上の写真のジュースの横の筒のような容器に入っているんです。これをお皿に移していただきます。とても満足の昼食でした。

夕食:バナナジュース@スーレイスクエア

バナナジュース(税込み1800チャット)

お昼にガッツリ食べてお腹が空かなかったので、今日はジュースにすることに。スーレイスクエアの地下のフードコートで食べたのですが、1800チャットのジュースを飲みました。

ドリンクのメニュー

こちらのフードコートも専用のカードにチャージ式でした。1000チャットのデポジットで4000チャットが最低のはじめのチャージ額でした。こちらも使わなかった分とデポジットはほぼ帰ってきます。

5日目

朝食:パン@KBZ国内線機内

国内線でヤンゴンからタウンジーまで1時間ほどの移動でした。そこでパンとロールケーキの機内食をいただきました。まあ機内のご飯というクオリティでした。

昼食:ヌードルサラダ@OCEANモール(タウンジー)

ヌードルサラダ(税込み1200チャット)

まず、タウンジーは地方でもあるので、物価が安いと感じました。このヌードルサラダも1200チャット。ただ、ショッピングモールのフードコート内のお店ではほとんど英語が通じない店もあり、値段も指で表して確認したりしました。

写真はあまりあてになりません。笑

夕食:ナシゴレン@Mountain Starホテル

ナシゴレン(税込み4600チャット)

移動もありつかれていたのでホテルのレストランで夕食をいただくことに。
ミャンマー料理はかなり食べ続けていたので、今回はナシゴレンを食べることにしました。かなりスパイシーではありましたが美味しかったです。

ホテルレストランということでショッピングモールほど安くはありませんでしたが、安心して満足感の高い食事をいただけたと思います。

晩酌:ミャンマービール

ミャンマービール(1250チャット)

ずっとお酒が飲みたく、我慢していたのですが笑
ついに買って飲んでしまいました。そこまで濃厚ではなくかなりあっさり飲める印象でした。

6日目

朝食:バイキング@ホテル

いちごの旬ということもあり、いちごスムージーがめちゃめちゃ美味しかったです。日本で食べても美味しいレベルのスムージーでした。

朝食バイキングはかなり充実していて、卵料理をその場で作ってくれるコックさんもいました。日本のホテルのバイキングみたいですね!

昼食:ミャンマー料理(フライドライス・魚)

訪問先でいただいたお料理です。チャーハンのようなフライドライスは親しんだ味でした。魚はしょっぱめの味付けで、野菜炒めはカレーのような味でした。

やはり旬はいちごということで、こちらでもデザートにいちごを頂きました。

軽食:シャン州のクレープ@屋台

ガイドさんが、屋台の料理も試してみな!とくれました。シャン州という地方のお菓子だそうで、ココナッツがはいっていて、はちみつで味もつけてあるクレープでした。結構モチモチで満足感もあります。

軽食:アイス@スーパー

ラムレーズンアイス(税込み1700チャット)

アイス食べたくなって普通にスーパーで買ってしまいました笑安定の美味しさ。

夕食:レーズンパン

レーズンパン(600チャット)

疲れているので手抜きです。結構大きなレーズンパンが600チャットは安い。

晩酌:ミャンマークラフトビール

クラフトビール(2500チャット)

今日もお酒を飲みたい!ということで種類の違うビールを試してみることに。こちら値段も2倍するクラフトビール。確かに味少し濃いような気もしますが、私個人的にはそこまでの感動はなかったです。普通の安い方のやつでいいかなあっていうくらいの感じでした。

7日目

朝食:バイキング@ホテル

ホテルの朝食すごくおいしくて、そこまでの食欲がなくてもかなり食べてしまっていました笑ただ、味付けはどれもかなり塩辛い気はしました。ミャンマー料理自体がそういう味付けなんだと思います。

今日はオムレツも!

昼食:チキンフライドライス

こちらは訪問先に頂いたものです。チキンフライドライスかなりのボリュームで、半分ちょっとでお腹は一杯になってしまいました。

おまけ:伝統的なワイン

ミャンマー民族衣装ロンジーと一緒に

訪問先の文化イベントに参加し、そちらでウェルカムワインを頂きました。ぶどうの強い香りというより、日本酒のような香りもして、度数もちょっと強いかなと感じました。澄んだ味というよりはちょっと持ったりする感じです。

夕食:ミャンマー料理@文化イベント

屋外で手作りの伝統料理をいただきました。ミャンマー式のお粥が私はすごく好きでした。自分で具を入れていくスタイルなのですが、ちょっとから目の高菜が美味しかったです。

8日目

朝食:バイキング@ホテル

ミャンマーのスープとバナナの葉で包まれたお餅のようなご飯が美味し勝手です。タウンジーは地方なだけあり、野菜や果物はヤンゴンより豊富なような印象でした。

昼食:鶏肉と野菜の混ぜご飯@Linn’s

鶏肉とご飯(税込み2800チャット)

骨付き鶏肉とパプリカの混ぜごはんでした。一日目の夕食に似たご飯の印象でした。スープが激辛。青唐辛子がかなり効いていて、胃まで熱くなるような感じでした。

軽食:KBZ国内線機内

タウンジーからヤンゴンに帰ります。お腹は空いていなかったので、クルミのケーキだけいただきました。

夕食:パンと春雨スープ

機内でもらったパンと、日本から持ってきていた春雨スープで軽い夕食。日本からなにか持っていくなら、豚汁か味噌汁にするべきだと思いました!私はなぜか辛い坦々スープで、全く胃が休まりませんでした。そういう味にも飽きていたのでちょっと後悔笑

9日目

朝食:バイキング@ホテル

以前と同じClover City Center Plusホテルに戻ってきたので、ホテルについてはもうそんなに話すことがありません笑
フルーツが食べたくてスイカを食べましたが、美味しかったです!

昼食:フライドライス・野菜とポテトの揚げ物など

こちらは訪問先にいただいたものです。こちらで野菜はにんじん・じゃがいもと並んでカリフラワーがよく使われている印象があります。

軽食:ストロベリーマンゴースムージー@SEASONS BISTRO

スーレイスクエア内のSEASONS BISTROというカフェで現地でできた友達にごちそうになってしまいました。タウンジーに比べてヤンゴンは本当に暑く(日中34度など、、)このシェイクはとっても美味しかったです。ただ、量はあるので一気に飲むとお腹を壊すかも、、

夕食:お菓子

疲れたのと、予定が夜までだったのでお菓子で済ませました。
味は海外のお菓子って感じですが、特にミャンマー感はありません。

10日目

朝食:バイキング@ホテル

もはや写真を取り忘れるくらい同じもの食べてます。笑

軽食:モヒンガ

訪問先でも朝食をいただきました笑
ただこのモヒンガはホテルのものより美味しかったです!笑

昼食:豆のスープ・エビのフライ・煮込みチキン

こちらも訪問先で頂いた昼食です。前回辛いものを食べられなかったからか、今回はマイルドなお料理で嬉しい!

こちらでは汁物のお料理がスープではなくご飯にかけるスープカレーのようなものだったりすると知りました。辛くないインドカレーのような感じで美味しかったです。

夕食:太麺シーフードスープ@BLACK CANYON COFFEE

シーフードヌードル(約7000チャット)

JUNCTION CITY内のBLACK CANYON COFFEEに来ました。ここはWIFIの接続がいいのが良かったです。
閉店時間30分前くらいだったのですが、店員さんが親切で、フードコートより割高ですが料理も美味しかったです。友人のたんでいたパッタイとライスヌードルも美味しかったですよ!

11日目

朝食:バイキング@ホテル

最後の朝食ということでモヒンガもいただきました。

昼食:チキンウィング・春巻き@The STRAND HOTEL

いかにも高級ホテルって感じです

ミャンマーで最も有名なホテルの一つであるThe STRAND HOTELでの昼食でした。一応ライトミールではありましたが、それでもかなりボリュームのあるご飯がいただけました。

付け合せのパンがとっても美味しい!
左 春巻き(税込み10695チャット)
右 チキンウィング(税込み10695チャット)

春巻きとチキンウィングは3ピースずつでした。どちらも6ドルで、サービス料10%、税が5%です。チャットにするとそれぞれ10695チャットです。ソースは辛いですがどちらもお料理は辛くありません。結構ボリュームはあり美味しいです。ご飯と合わせて頼むにはちょっと多いかもしれません。

ハニーアールグレイミルクシェイク(税込み10695チャット)

飲み物もたのみました。ハニーアールグレイミルクシェイクは結構甘く、お腹いっぱいの状態ではいっぱい飲み切るとかなり重いくらいでした。でもやはり上品な味でした。

夕食:パッタイ@ヤンゴン空港フードコート

パッタイ(税込み9445チャット)

さすが空港価格。めちゃくちゃ高いですね。味は普通、かもなく負荷もなくという感じです。22時25分のフライトですので、ここで食べないとお腹が空くので仕方ない。。ちなみにフードコートにはタイ料理、日本食、バーガーキング、カフェがありました。

軽食:スナック@ANA国際線機内

国際線機内では夜はご飯ではなくスナックがでました。ちんすこうのようなクッキー2つと、ポテトチップスの小袋、小さな水です。

12日目

朝食:洋食@ANA国際線機内

もうもはやミャンマーからは出てしまいましたが、ANA国際線機内での朝食です。こちらは朝4時過ぎとかに出てくるので(ミャンマーの時間だと早朝1時〜2時)結構気持ち悪くなるかもしれません笑

まとめ

以上が私が12日間のミャンマーツアー中に食べたものでした!かなり訪問先でごちそうになっているものもあるのですが、お食事や物価の参考になれば幸いです。

印象としては、どこのショッピングモールにもカフェやフードコートはあり、ご飯は安いということでした。
ご飯と飲み物はだいたい同じくらいの値段なので、節約したければスーパーで買った水やホテルの水をそこにでも持ち歩くのがおすすめです。