STUDY ABROAD

【ハロウィン仮装】節約したいから猫耳を自作してみた

渋谷が荒れているようで、、日本にいなくてもすごい情報がいっぱい流れてくるから、相当なんだろうなと思います。

さてわたしは今年はニュージーランドでハロウィンを迎えることになりますが、ぶっちゃけどんなかはまだわからん!一応友達のあつまりに行ってくるつもりなんですが、そこで困ったのが仮装です。

新しいもの買ってもどうせ捨てて帰るし、そもそもどんくらい気合が入っているのか未知数、、!!

それで友達に聞いたら、仮装はかるーくでいいよ~~ということでした。なら魔女とか猫とか今持っている黒い服でどうにかなりそうなのがいいと思って考えてたんですが、どうせなら小物も自力でなんとかなるんじゃね?!と思い、試してみました!笑

魔女ならぼうし、猫なら耳が定番ですよね。わたしが耳を選んだのは、なんか面積がちっちゃそうだから笑

もともと工作とかは好きなんで、なんかできそうならやってみようってタイプなんです。妹が生まれる前とかは、創意工夫が遊び相手でした。宝石箱みたいなのがどうしても欲しくて、よく自分で作っていた記憶があります。

さてさて、そんなこんなで1時間でなんちゃって猫耳できましたよ~~👏流れは思いつくままになんで超適当です!

わたし流0円猫耳の作り方

穴が空いてたんで捨てようと思ってた黒タイツがあったんで、これ使いました。

あとは、こっちで前髪止めるために買ってたピンとその厚紙。正直あんまり使ってなかったんでここで使えるんならありがたい。

これをまずは三角っぽくおる。(切った方が均一な厚みのができるかもですが、分厚くはなりづらいと思います。)わたしは適当なので、それっぽければいいと思って折りました。

タイツを適当な長さに切る(短かったらあれなんで最大限取れる長さをとりましたが、2/3くらいしかつかいませんでした)タイツってまじで切りにくいですね、すぐ破れるくせに笑

足の先のとこに三角の厚紙入れて、ゴミ袋を三角にたたむ要領で折っていきます。それがわかんなくてもなんとなく綺麗っぽく巻きつければいけます。

 

三角になった感動!!!!

ボンドとかあれば一発で止められるけど、そんなのないので裁縫です笑

・・わたしに針持たせるとか危なそうとか思った人がいたら、それは違いますで笑わたしが女子校で唯一手に入れた女子らしいスキルは裁縫です笑留学先でもなんでも自分で直します。服とかコートとかリュックとか。

かがり縫いって言うんだっけ?忘れちゃったけど別にいいんです、どうせ1日しか使わないし。

 

で、ピンつけるんですけど、そのままだとグラグラです。上から補強のため、ここだけは糸二本どりできつめに何度も縫いました

このピンの形が、縫ったところで止まってくれず、前後に滑ってしまう形だったんですね、、そして他に縫い付けて止められそうな場所もない。ので、ちっちゃいヘアゴムをストッパーにしてみました!めっちゃ効果あった~~~😍

片方作れればもう片方は楽勝です。そんなわけで猫耳完成~~!つけてみても、まあ意外とこんなもんじゃん、ってくらいにはなりました(アホ毛が気になりますが笑)

 

これで黒いワンピース着て出かければいいじゃん~~!以上0円ハロウィン準備でした!またどんなもんだったかはご報告します😊