BOOKS

AI vs. 教科書が読めない子どもたち / 新井紀子

読解力こそ、AIが最も苦手とする分野であることは、この本の中で再三述べてきました。しかし、残念なことに多くの人が、AIに対して優位に立てるはずの読解力で、十分な能力を身につけていません。
(p.272)

ポイント

・私たちが普段AIというのはほとんどAI技術のこと
シンギュラリティ(技術的特異点)は来ない。しかしロボットは仕事を奪う
・子供達は、AIが苦手な読解力こそ必要だが、それを持っていない

真のAIはできないということ

AIが将棋でプロに勝った、これをした、あれをした、そんなニュースが最近次から次へと飛び込んできます。そして私たちの多くは、AIが人間を超える日(つまりシンギュラリティ)が来ると少なからず恐怖を抱いたりします。

しかし、本書で教授は、シンギュラリティは来ないと主張します。情報に踊らされる凡人としては、へ?そうなの?という感じです。

シンギュラリティとは、ここではAIが自分だけの力で自分より能力の高いAIをつくれると定義されています。そんな日は来ないというのです。

じゃあ安心なの?

それでは仕事を奪われるっていうのは?安心していいの?と思いますが、これはまた別問題。近いうちにロボットは仕事を奪います。アメリカでは約半数が仕事を失う恐れがあるという研究もあるのです。日本でも銀行業務へのロボットの進出があったりと、現実に進んでいる現象です。

着実にロボットは人間より機械的業務の生産性がよく、人間は取って代わられます。それではロボットが苦手なことは何なのか。それは東大合格を目指す東ロボくんの挑戦から見えてきます。

スパコンで東ロボくんは賢くはならない

東ロボくんの研究に際して、スーパーコンピュータを使うという話が上がりました。しかし、ある程度のコンピューターでできない問題は、スパコンでも解けないといいます。それは、そもそもの問題文を数式にすること、あるいは前提知識の大量学習がAIの最大の課題だからです。数式さえできれば解けるのです。事象を数式にするのが最大に困難なのです。

人の幸せの数式化はできるでしょうか。多くの人が感覚的にできないというでしょう。そして、事実これはできないと言えると思います。

つまり、文脈を読むことや、例えば「人は死んだらそれ以降行動ができない」のような当たり前が難しいのです。逆にそれが人間の強みなのです。

それでは今の子供達に充分な力はあるのでしょうか。
教授が行った読解力を図る問題では、危機的な状況が伺えます。ロボットでもできる知識の詰め込みにはもはや意味がないのです。それなのに教育は変わっていないのです。

教科書なんて読めるだろ、と思っている方は思い出してください。少なくとも私は高校時代、教科書が言ってることがそもそもわかんねぇわ!と試験前に投げ出した記憶があります。シンギュラリティが来なくても、とっくに人間の仕事は機械に変わられ始めています。機械では代替できない人間の強みを伸ばすため、文章でも行間でも相手の気持ちでも、読めるものはなんでも今から読んでいきたいです。

約3行感想

本書にはAIについての勘違いが大変多く出てきます。一方で人間が悠長に構えていられないと、危機感を感じる内容でもあります。着実に世の中は変わっていくからこそ、早くからその波を読んで方向を誤らずに努力したいです。