TRAVEL

【2019年】ふっかるになって9カ国に行きました

留学後、各国の文化の違いやそこに住む人々の価値観にすごく興味が深まりました。
その影響で2019年には9カ国を旅したので、今日はざっくり行った国と旅行の様子についてお話したいと思います!

ふっかるを極めた2019年とそのきっかけ

2019年はとにかく行きたい国に行ってみようと思いました。自分の中では「卒業旅行」という言い訳もあったのでちょうどいい時期だったのもあります。

また、POOLOという旅人のコミュニティサークルに、インターン先を通じた縁があったのも大きなきっかけだったと言えます。POOLOはTABIPPOというベンチャー企業が運営する試みであり、第一期生として参加しています。私はそこではアクティブとは言い難い活動量ですが、それでもそこで出会う人達が国内旅行と変わらない感覚、生活の一部のように海外に行き、海外を語る様子が刺激になりました。POOLOについても今度詳しくお話したいと思います。

そんなわけで、去年一年は服も化粧品もほとんど買わず(新しく買った服は1年で4着くらいです笑)バイト代のほぼ全てを旅行に費やしました。残念ながらブルジョアな旅行をしているわけじゃないんです。。

さて、それでは9カ国の簡単な振り返りをしていきます😊
それぞれの旅行については個別に別の記事を書きたいと思っています!

1:アメリカ(グアム)(1月)

グアム旅行については以前記事を出しましたが、これぞ学生の南国旅行!って感じでしたね。海外に行くのが初めてという幼馴染と女子2人旅でした。旅行会社が出している学生旅行や女子旅のプランが充実している印象はすごくあります。
個人的には、なんとなく大学時代ずっと憧れていて期待値が高かった分、高い満足度ではなかったのが本音です。

でも、きれいな海とアメリカンな食事と、日本語の分かる店員さんたちというのは、日本人学生が安心して楽しめる要素満載だと思います!海外初心者の旅行者や、現地では現地の文化に止めこんでいくドキドキ感より、旅行客としてリゾートな雰囲気を味わいたいという人にはすごくおすすめだと思いました。

2:ニュージーランド(4月)

心のオアシスニュージーランドに、留学から帰国後半年ぶりに訪れました。都市はもちろんウェリントン。ここでは観光をする目的ではなく、友達に会ったり懐かしい場所を巡ってのんびりすることだったので、一人でいってきました。

やっぱり懐かしいし落ち着くなと思った5日間でした。あっという間すぎて、帰りたくなかったですね。

3:オーストラリア(5月)

ニュージーランドの旅行に続き、そのままオーストラリアに飛びました。家族の仕事の関係で、オーストラリアにも便乗した形だったので、ここでは主に家族と回ることになります。観光もしますが、仕事関係の施設の見学もありました。

今回始めてエアーズロック(ウルル)に行ったのですが、オーストラリアって乾燥した土地なんだと改めて衝撃を受けました。エアーズロックとアデレードに行きましたが、私はアデレードの雰囲気がすごく好きでした。

4:フランス(9月)

実はもともとヨーロッパ旅行でフランスに行くことは決めていたわけではなくて、たまたまイタリアへのフライトより安かったので選んだという背景がありました。だから滞在時間も一日半ほど。パリ出身の友達にも呆れられる短さでした(なんならちょっと怒られた)

女子ふたり旅だったのですが、頑張って王道は回ろうと思ってルーブル美術館、エッフェル塔、凱旋門は抑えられました。その他にも少し見て回ることはできましたよ!美しさと貧しさの格差というか、コントラストが強く浮き上がった街だという印象でした。そしてなんと言おうとおしゃれ。

5:イタリア(9月)

ずっと行きたかった国だったので、写真も選びきれないというこの状態笑
ローマ、フィレンツェ、ピサ、ヴェネツィアを4日間で回るという鬼のスケジュールでした。

歴史って教科書上のことじゃないんだというか、当たり前なんだけど人がこうやって生きてきたんだというか、それが今に続いているってことを街が突きつけてくる時間でした。ヨーロッパのどの国もそうだけど、時間とお金に余裕を持ってまた来たいと思いました。

6:ドイツ(9月)

ビール大好きな友だちといったので、ドイツに行ったらビールは外せませんでした!笑
残念ながらオクトーバーフェストは時期があわなかったのですが、ちゃんと1リットルのビールも飲んできたし、満喫できました!この旅行は確実に食費よりお酒代のほうが多い気がする、、笑

行った都市はミュンヘン、ケルン、デュッセルドルフです。ドイツ人はイタリア人の気質とは違って確かにお硬いなという印象も得ました。

7:ベルギー(9月)

ベルギーも、フライトの関係で行くことのできた国でした。滞在時間が2日間もなかったので、ブリュッセルにしかいられなかったのですが、チョコレートはやっぱり安いし美味しかったです。何となく行く前はメルヘンで可愛らしい小さな国、という印象があったのですが、一番ホームレスの人たちなど街の様子が恐かった都市でした。

8:ベトナム(10月)

初めての東南アジア!それだけでなく、なんと日本以外の初めてのアジアの国でした!

やっぱり全然府域が他の地域とは異なり、独特な空気感の漂う国でした。
私は女友達と、現地の友人を訪れる旅でもあったので、クイニョンというハノイでもホーチミンでもないめちゃめちゃにローカルな場所に行きました。(場所でいうと上記2都市の間くらいです)

料理が安い、おいしい、ゆったりした空気感がなんとも言えないいい場所でした。
4日間の旅だったのですが、別の東南アジアの国にも行ってみたくなりました。

9:台湾(10月)

なんと、台風のせいでベトナムから帰国できなくなり、ちょっとでも日本に近づこうと台湾に一人で行きました!笑

とにかく料理は安いし、電車はわかりやすいし、天候はいいし、女子一人旅に人気の所以がわかりまくりでした。弾丸の旅行になってしまったので、また行ってみたいです。今度別記事では台湾で受けた占いの話しもしますね!笑

個人的行ってよかった国ベスト3

完全な主観で今年行ってよかった国ベスト3を発表しようと思います笑!
これは今まで行ったことある国だと下がるかもしれないですね。そんなことも念頭に置きつつ第3位からどうぞ!

第3位 ベトナム

やっぱり他の地域では感じられない空気感を感じられたのは楽しかったですね。後、めっちゃ自由でした。ご飯美味しいし、ただ散歩したりする時間が多いし、という時間の過ごし方も会ったかもしれません。

第2位 台湾

ご飯美味しいし安い!そして日本人がすごく旅行しやすい国だと思いました。留学では一人で他の国に行くことは今までありましたが、一人旅は初めてだったので、そのワクワク感も大きかった気がします。

第1位 イタリア

念願のヨーロッパ、念願のイタリアということで、栄えある第1位はイタリアです!
どの都市にもそれぞれの色と魅力があって、とても数日では回りきれない場所でした。
ヴェネツィアに行ったときは、もうこんなところ連れてこられたら結婚しちゃうよ、と思いましたしね笑。また今度はゆっくり行きたいですね。。

これから行きたい国

2019年旅行欲に火が付き、少し落ち着いたとはいってもまだまだ行ききれない国がありました。友達が留学していたりすると、行ってみたいという思いも増します、、!

2020年のうちに行きたい国
韓国・タイ
今後数年以内に行きたい国
マレーシア・スペイン・北欧諸国

もっとたくさんある気もするのですが、とりあえずここに行けるようにお金を貯めようと思います。それぞれの国の旅行記も今後書いていきます!